結婚指輪2つ目を仕立てる

結婚指輪の2つ目を選ぶ

結婚指輪を新調する夫婦や、スペアでもう一つ持ちたいカップルもいます。
2つ目の結婚指輪を仕立てるのも、別に不思議なことではありません。
また、指輪を2つ重ねて身につけるケースもあります。
とある夫婦のケースでは子供が生まれた時に、もうひとつ記念に結婚指輪を購入して身に着けています。

結婚10年目に贈る指輪

結婚10年目を祝うこと、錫婚式(すずこんしき)といいます。
記念日として夫が奥さんに、プレゼントを贈る風習があるようです。
結婚10年目というと、夫婦にとって何か節目のような時期だといえます。
そのタイミングで、日頃の感謝を指輪に込めてプレゼントをすれば、これからも円満な家庭を維持していくことができるでしょう。

2つ目の結婚指輪の予算

錫婚式でプレゼントをする結婚指輪は、ある程度の予算を考慮した方がいいでしょう。
家計に無理がいくような金額の指輪は選ばない方がいいですが、やはり感謝の気持ちを込めるという意味で、見た目にも存在感のある指輪を選ぶのがベストです。
10年目を記念して、ダイヤモンドを10粒敷き詰めたリングをプレゼントするというのもアリです。

喜ばれる指輪の渡し方

結婚指輪を奥さんに渡す時には、感謝の手紙を一緒に添えて渡すといいでしょう。
気持ちを込めてプレゼントすることが何よりも大事です。
そうすることで、今後の家庭生活を円満に迎えることができるでしょう。
むしろ、そういう感謝の気持ちは、どんな指輪を贈るよりも大事なことなのかもしれません。

ハンドメイド指輪のメリットとデメリット

ハンドメイド指輪は、2人で指輪を制作しますので、2人の思い出になります。
指輪を作る工程を記念に残すため、動画撮影用のカメラを貸し出してくれるところもあるようです。
ハンドメイド指輪は、良い素材を選べてさらに、コストパフォーマンスもいいです。
ただしブランド的な価値はなく、ブランドにこだわる人にはあまり喜ばれませんので注意が必要でしょう。