結婚指輪のデザインを決める

ブランドにこだわりがないなら手作りがおすすめ

近年、ブライダルリングに関する話題になると必ず出てくるのが手作り結婚指輪で、これはブランドにこだわりがなければ非常におすすめしたい方法です。

と言うのも手作り結婚指輪はデザインはもちろん、サイズや素材・石の組み合わせなどを一から決められるため、世界にひとつしかないオリジナルの結婚指輪を作れるからです。

たとえば3石をプラチナリングに乗せたスリーストーンと呼ばれる結婚指輪はスタンダードなデザインですが、同じスリーストーンでも3石をダイヤモンド以外にしてみたり配置を変えることでオリジナリティを出せます。

コストも安く抑えられる

また、手作り結婚指輪は専門のアトリエに入って手作りするため、ブランド品ではありませんしコストを安く抑えられるというメリットがあります。

一般的に結婚指輪と言えば20万円~30万円程度が相場だと言われていますが、手作り結婚指輪であれば3万円代からプラチナやゴールドを使ったものを作れますし、10万円あればダイヤモンドリングを作ることも可能です。

つまりブランドにこだわりがなければ、ブランド品の結婚指輪の半額程度の価格で同等のクオリティのものが用意できるというわけです。

最近の若い世代は昔ほどブランド品に対するこだわりを持つ人が少なくなってきていますし、その傾向も影響してか手作り結婚指輪を選ぶ人が増えているみたいです。

世界にひとつしかないオリジナルの結婚指輪

これはコストが抑えられるというメリットだけでなく、世界にひとつしかないオリジナルの結婚指輪を作れるというメリットもあるからでしょう。

結婚指輪はこれから結婚を控えているカップルにとって特別なアイテムですし、できるだけ自分たちの個性を反映させたい気持ちが強いからです。

今後手作り結婚指輪は新しい選択肢として定着していくでしょうし、それを専門にしたアトリエも全国各地に増えています。